温もりが恋しくなるころ

2007年10月17日
music 0
julie_delpy

Julie Delpy「Julie Delpy」

秋にはボーカルものを聞きたくなります。
「恋人までの距離<ディスタンス>」の登場人物の9年後を、
9年後に製作した「ビフォア・サンセット」
ジュリー・デルピーとイーサン・ホークのほとんど二人の心理劇のような映画は、
長回しのように、リアルタイムの時間=上映時間で追って、
パリの街角、セーヌ川の上で、少し噛み合わない感じで会話が続く。

その中の、彼女のアパルトマンの場面で
実際にジュリーが歌っていた曲が入っています。
風にふわふわと舞うような金髪のいつまでも少女のような、
可憐で頼りなげで夢の中の女性といった印象の彼女が、
映画の中では、軽妙洒脱な会話の応酬をする少し薹のたった役を生き生きと演じ、
脚本にも参加する多彩ぶりを発揮。
いったい、どっちの彼女が本物?
女優は化けますからね~、でも映画の方がきっと実物に近いんでしょう。
アルバムもふんわり心地よいけれど、
それとは違う「ビフォア・サンセット」もお薦めです。

にしても、イーサン・ホークは老けましたねぇ。
最近ブコウスキーを演じて、話題になった映画がありましたが、
予告編で酔いどれブコウスキーにあまりに嵌まりすぎているのを観て、
確認するのがこわくて行けませんでした。
男は離婚すると、一気に年を取る?

気に入ったらシェア!

でびぃ<debby>
この記事を書いた人: でびぃ<debby>
“たびの雑記”がベースで始めた、
更新まちまちの“note”です。
久しぶりにテンプレート変更しました。
これで、ようやくモバイル対応に。

コメント0件

コメントはまだありません