この窓辺から

2010年09月17日
travel - Fly to the north. 0
3011055_fin125

今も魅了する、数々の名作たちが生まれた。

ここから先は写真がたくさんです。
*more*をクリックして、呆れないように・・・


アアールト自邸は申し込み制で見学ツアーがあります。
1回20人限定(日に数回あり)。
ガイドブックなどには連絡先として電話番号しか載っていません。
いくら見たい建物だといっても、
日本から、それも英語で申し込みなんて、
とんでもない!
ここで、つまずきました。
見るのを、諦めようか・・・
ヘルシンキ滞在時間も少ないことだ・・・

でも、見たい気持ちは日に日に高まる。

調べているうちに、連絡先のアドレスを見つけ、
つたない英語(英作文)で申し込みメールを送ってみたら、
あっけなく予約が取れてしまいました。
ネットのおかげで、便利な世の中になったものだ。

ここの見学時間をひねり出すために、
かくして、GoogleMapに、トラムの時刻表まで調べ尽くす、
スケジュールが出来上がりました(^^ゞ

見学時間はたった1時間しかありませんでしたが、
母国語ではない人の英語の説明は聞き取りやすく、
私でもかなり分かりました。
(ということは、堪能な人ならば完全に理解できたでしょう)

実物の建物に入ってみることは、
空間の大きさ、空気の流れ、視線の先に作られているものたち、光の入り方、などなど、
あらゆることを肌で感じられる(頭で考えるのではなく)
貴重で、濃密な時間になりました。

では、膨大に撮ってきたなかから、どうぞ↓

旅写真はAキーorクリックすると少し大きな写真が表示されます。

3011022_fin126

3011023_fin127

3011027_fin128

3011053_fin129

3011033_fin130

3011044_fin131

3011062_fin132

3011066_fin133

3011054_fin134

3011079_fin135

3011072_fin136



この形がiittalaのベースになりました。

3011036_fin137

気に入ったらシェア!

でびぃ<debby>
この記事を書いた人: でびぃ<debby>
“たびの雑記”がベースで始めた、
更新まちまちの“note”です。
久しぶりにテンプレート変更しました。
これで、ようやくモバイル対応に。

コメント0件

コメントはまだありません