来てくれてありがとう

2011年04月21日
music 2
roger_muraro

3月11日以降、
来日を中止・延期するアーティスト続出しました。
行きたいけれど、渡航自粛勧告を受けてやむなく・・・
の人たちも、もちろんいました。

そんななか、
「わたしは東京に行くことを、やめようとは思っていません」
とメッセージを寄せてくれていた、ロジェ・ムラロ。
昨晩はそのソロコンサートでした。

チケットは昨年秋に手に入れた、
待ちに待ったコンサート。

一時期は、
街中から音楽が消えていたように思います。
商店街の放送から、デパートなどのBGMにいたるまで。

わたしとて、数日は音楽なしの生活だった。
とても、聴く気分にはなれなかった。

でも、その無音の圧力が息苦しくなって、
しばらく聴かなくなっていたiPodを
再び常用するようになりました。

少しずつ、音楽を呼吸する余裕が出てきました。

ムラロが全身で繰り出す
きらめく音色のシャワー。
それを文字通りを頭の先から浴びてきたような気分です。

まだまだ、日常を取り戻したとはいえない関東地方ですが、
音楽会や映画・展覧会などに行くと、
ほんの少し呼吸のリズムを変えることができます。
そして、それが小さな活力にもつながっていく。
そう、信じたいです。

ほんとうに、来てくれてありがとう!

気に入ったらシェア!

でびぃ<debby>
この記事を書いた人: でびぃ<debby>
“たびの雑記”がベースで始めた、
更新まちまちの“note”です。
久しぶりにテンプレート変更しました。
これで、ようやくモバイル対応に。

コメント2件

コメントはまだありません

ちょんちゃん

ありがとうごいます。

ロジェ・ムラロさん、初めて知りました。
だけど、心の底かありがとうございますと、
お伝えしたいです。

この時期の来日は
本当に尊いことで、有り難い事だと思います。

災害って辛く苦しいことだけど、
日常に隠されて普段見えこないことが見えたり、
気づかされたりするきっかけになるんだって、
気がしています。

2011年04月23日 (土) 09:48

でびぃ<debby>

そうですね

ちょんちゃん、
とても、ありがたいことです。
チャリティーコンサートのためだけに
来日してくれたジェーン・バーキンもいました。

見えなかったことの中の本質、
大切なもの。
いろんなものを気付かせてくれた
ひと月になりました。

2011年04月24日 (日) 10:14