ukiyoe

2014年02月04日
note 0
daiukiyoeten2014


帰ってきてくれて、ありがとう!
さすがに、日本一入場者数の多い博物館・美術館です。
日曜日とはいえ、
会期のちょうど真ん中あたりに行けたのに、
チケット売場もぐるぐる行列!
もちろん、会場も大混雑。

大きな絵画作品の場合、
たいてい柵の向こうに展示されているので、
近寄って鑑賞ができずに、
う〜ん、と思うことも多いものですが、

今回は
肉筆画以外はすべて
作品のすぐ側まで寄って鑑賞できます。

しかし、
最前列のゆっくりの列に入らないと見えない・・・
なので、鑑賞時間がかなりかかります。

我々でまるまる2時間以上!

細い髪の毛まで再現する細部の彫りに、
雲母摺り、から摺り、きめ出しと
浮世絵の技法の数々を間近で見て、ため息つけます(笑)

これだけの作品が年代順に系統だってに一同に介するのは、
海外の美術館が保存してくれていたからこその、
展覧会構成です。

本当にありがたく思います。

またとないチャンス、
東京は3月はじめまでで、
名古屋、山口と巡回しますので、是非!

詳しくは→☆大浮世絵展公式HP☆

東京展には来なかった作品があり、
どちらかに、見に行きたい〜!
と思っているところ・・・

気に入ったらシェア!

でびぃ<debby>
この記事を書いた人: でびぃ<debby>
“たびの雑記”がベースで始めた、
更新まちまちの“note”です。
久しぶりにテンプレート変更しました。
これで、ようやくモバイル対応に。

コメント0件

コメントはまだありません